雇用調整助成金等オンライン受付システムが8/25正午に運用再開しました

コロナ公的支援
この記事は約3分で読めます。

雇用調整助成金等オンライン受付システムについては、令和2年6月5日(金)からシステムの不具合により停止していましたが、プログラムの改修等の対応を行い、8月25日(火)正午より、運用を再開しました。

メールアドレスと、ショートメールが受け取れる携帯電話を準備したうえで以下のURLから専用システムにアクセスすることで、申請が可能です。

雇用調整助成金等オンライン受付システム

雇用維持関係の助成金

【雇用調整助成金】休業、教育訓練、出向に対する助成

対象地域

全国

募集期間

随時

目的

景気の変動、産業構造の変化などの経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた場 合に、休業、教育訓練、または出向によって、その雇用する労働者の雇用の維持を図る事業主 に対して助成するものであり、労働者の失業の予防や雇用の安定を図ることを目的としています。

支援内容

受給額は、休業を実施した場合、事業主が支払った休業手当負担額、教育訓練を実施した場合、賃金負担額の相当額に次の(1)の助成率を乗じた額です。ただし教育訓練を行った場合は、これに(2)の額が加算されます。(ただし受給額の計算に当たっては、1人1日あたり8,335円を上限とするなど、いくつかの基準があります。)
休業・教育訓練の場合、その初日から1年の間に最大100日分、3年の間に最大150日分受給できます。出向の場合は最長1年の出向期間中受給できます。

(1)助成率 中小企業2/3 中小企業以外1/2
(2)教育訓練の場合の加算額(支給対象者1人1日あたり) 1,200円

募集サイト

厚生労働省

【雇用調整助成金】新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特例

対象地域

全国

募集期間

2020年4月1日から2020年9月30日まで

目的

雇用調整助成金とは、経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、労働者に対して一時的に休業、教育訓練または出向を行い、労働者の雇用の維持を図った場合に、休業手当、賃金などの一部を助成するものです。
新型コロナウイルス感染症に伴う特例措置により、支給対象となる事業主や助成率など、多くの拡充措置が図られていますので、詳細な要件などについては、ガイドブックやFAQでご確認ください。

支援内容

▼助成額
(平均賃金額(※) × 休業手当等の支払率)× 下表の助成率 (1人1日あたり15,000円が上限)
 ※平均賃金額の算定について、一定規模以下の事業所は簡略化する特例措置を実施する予定です。

区分                          大企業  中小企業
新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業主      2/3   4/5
解雇をしていないなどの上乗せの要件を満たす事業主    3/4   10/10

募集サイト

厚生労働省

タイトルとURLをコピーしました