「節税保険と中小企業財務」をテーマに講演会を品川で開催しました

事業承継・M&A
この記事は約1分で読めます。

当協会は、2019年5月17日(金)に伊藤俊一税理士と小嶋純一税理士をお迎えして「新事業承継税制と会計事務所経営」をテーマに品川にて講演会を開催しました。

伊藤俊一税理士の演題が「新事業承継税制と税務実務」、小嶋純一税理士の演題が「会計事務所が実践できるM&A支援」でした。
併せて、Z会計株式会社代表取締役の種山直人氏によるSTRACで中小企業を財務コンサルティングの手法に関する勉強会も行われました。
狭い会場は、熱心な税理士・会計士、保険業界人など20名を超える参加者で溢れました。
講演後の懇親会でも質問が連発し、大変活気ある会となりました。
財務セカンドオピニオンを会計業界に定着させるため協会としては、今後も会計事務所経営を支援していく方針です。
代表理事 大坪勇二

この記事を書いた人
大坪 勇二

1964年 長崎県生まれ

九州大学卒
コンテンツプロデューサー
「稼ぐプロを作るプロ」

大企業新日鉄の経理マンに飽き、ソニー生命の歩合営業マンに転身するも2年間ダメで貯金が底をつき、身重の妻と月11万円の住宅ローンを抱えて、手取り月収が1,655円とドン底の時にやる気スイッチオン。
6ヶ月間の「大量行動」で富裕層とのパイプが開け法人超大型契約で手取り月収が1,850万円に。現役11年間で累計323億円の金融商品を一人で販売。
その後、「社会の問題を、仕事のプロを育てることで解決する」をモットーに出版社を設立。現在に至る。障がい者福祉事業、複数の社団法人オーナーでもある。

著書に『手取り1655円が1850万円になった営業マンが明かす月収1万倍仕事術』(ダイヤモンド社)『月収1850万円を稼いだ勉強法 ~伝説の営業マンはどう学び何を実践したのか~』(祥伝社)などがある。

事業承継・M&A 講座・勉強会
経営セカンドオピニオン協会
タイトルとURLをコピーしました