《プレスリリース》【9月19日(土)開始】経済産業省も注目する企業が開発したAIシステムで廃業・倒産の危機から企業を救う!助成金・補助金の情報提供をするAIシステムのオンラインセミナーを開催

プレスリリース
この記事は約3分で読めます。

〜コロナ不況で、資金繰りに悩む企業の「生命線」となるAIシステムの普及へ〜

中小企業の経営支援を行う一般社団法人経営セカンドオピニオン協会は9月19日(土)から、全国の経営者・士業・コンサルタント・営業パーソン向けに、コロナ不況で打撃を受けている企業に助成金・補助金の情報を提供するAIシステム「情報の泉」活用をテーマにしたオンラインセミナーを約2週間にわたり開催します。

新型コロナウイルスの影響で日本の4-6月期GDPは年率換算でマイナス27.8%になるなど大きな打撃を受けた日本経済。減収や倒産が相次いだり、新型コロナウイルスの収束の兆しも見えないなど先行きが不透明な中、多くの企業が組織の存続のために頭を悩ませていることはいうまでもありません。
中でも、コロナの打撃を受ける企業の生命線とも言えるのが「資金繰り」です。「情報の泉」を開発した株式会社グランドツー社の製品紹介動画によると現在、全国で公表されている助成金・補助金は年間で8000件以上(※)に上ります。しかし、申請期間が1週間から数ヶ月と短いため、その活用率は6%程度に止まっているのが現状です。

多くの企業が廃業や倒産の危機に晒される中、先述のように年間で8000件以上に上る助成金・補助金情報のほとんどが活用されていない現状を踏まえ、膨大な量の助成金・補助金情報を企業ごとにカスタマイズして提供し、廃業や倒産から企業を救うのが今回のセミナーの要であるAIシステム「情報の泉」です。同社には経済産業省も注目しており、同社への補助金の投入も決定しました。
「情報の泉」では毎日2回、 AIが自動的に全国の自治体・省庁から助成金・補助金の情報を自動で収集しており、サイトに企業情報を入力するとAIが自動的にその企業が申請できる助成金・補助金を選ぶという機能があります。
この機能によって、個別企業ごとにカスタマイズされた助成金・補助金情報を得ることができます。

今回弊会が行うセミナーでご紹介するプログラムでは、この「情報の泉」システムの販売、さらに全国の経営者・士業・コンサルタント・営業パーソン向けに、「情報の泉」を活用し、廃業や倒産の危機から企業を救い、さらに企業の発展に貢献するためのノウハウをお伝えします。

記者の方は、このセミナーを無料ご招待させていただきますので、ご希望の方は下記お問い合わせ先までご連絡をお願いいたします。

一般社団法人経営セカンドオピニオン協会は、今後も日本経済の発展に貢献するべく、世の中にお役に立つコンテンツをオンラインにて積極的に発信してまいります。

(※)参考動画では「7000件」とご紹介しておりますが、株式会社グランドツー社の9月14日時点での最新情報を記載しております。
参考:【AIをフル活用で経営者アポ50倍に!】【情報の泉】
https://youtu.be/AqLADh5I5yI

オンラインセミナーのご案内
https://shigoto-pro.net/lp/37170/1079533/

タイトルとURLをコピーしました