投資で大金を得た人の末路

お役立ち記事
この記事は約4分で読めます。

事業投資(M&A、事業売却)や株式投資、FX投資、仮想通貨(暗号資産)投資などで大金を得る人がいます。ところが、せっかく手にしたお金を短期間のうちに失ってしまうケースも少なくありません。投資等で大金を得た人=億り人は、どんな末路をたどっているのでしょうか。

「億り人」とは

「億り人」という言葉は、2017年の仮想通貨(暗号資産)ブーム・ICOブームで生まれた造語です。やがて、仮想通貨(暗号資産)投資だけでなく、株式投資などによって資産総額が1億円を超えた人のことも「億り人」と呼ぶようになりました。

滝田洋二郎さんが監督を務めた2008年の日本映画で、第81回アカデミー賞外国語映画賞や第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞などを受賞した『おくりびと』をもじったものです。

2017年当時、資産総額が億どころか兆に達した投資家も少なからずいます。日本人投資家よりも外国人投資家に多いですが、そんな人たちは「兆人」と呼ばれているかもしれませんね。と言っても、私が勝手に呼んでいるだけですが。

そんな億り人たちですが、その後はどうなったのでしょうか。

億り人の末路は、宝くじ高額当選者の末路と同じ?

2017年のブームは、やはりただのブームでしたから、その後はビットコインやリップル(XRP)、イーサリアムなどのメジャーな仮想通貨(暗号資産)の価値はどれも下がり、2020年頃から再び高騰し、最近になってまた下がりました。ですから、「億り人だった」「あの頃は良かった」という人も多いのかもしれません。

中には狂ったようにお金を使った人もいるでしょう。まさに「あぶく銭」という感じです。タワーマンションや豪邸を買ったり、プライベートジェットを買ったり、高級車を買ったり、高級な腕時計を買ったり、高価なジュエリーを買ったり、夜の遊びに散財したり……。宝くじに当選して人生が狂ってしまった人と似たような末路をたどった方も多いようです。物欲や自己顕示欲で一瞬は満たされるのかもしれませんが、その後は決して幸せとは思えません。

人格の成長・成熟と収入は、階段を上がるように比例しながら着々と上昇した方が良いと思います。その方が、人生を崩さずに済みそうですから。急に大金を手にすると、人生を狂わせてしまう人が多いようです。

中には堅実に使った人もいる

せっかく手にした大金を散財してしまった人も多いですが、「子どもの教育費に使った人」や「夢だったカフェをオープンした人」「起業の準備資金にした人」もいます。そういう使い方には夢がありますね。

もちろん、経営は簡単ではありませんから、カフェを開業したり起業したりした人が、その後も幸せな人生を歩み続けているのかはわかりません。新型コロナの影響もあり、すでに廃業した人もいるかもしれません。夢を叶えることが必ずしも幸せにつながるとは限りませんが、散財するよりは良い使い方ではないでしょうか。

多くの人は別の投資で塩漬け状態or詐欺に遭った

億り人になった人の中には、別の投資案件に投資して失敗した人も多くいます。早い時期からビットコインや新興株などに投資していた人には、「自分は投資の天才だ」と錯覚してしまう人もいます。これは致し方ないことだと思いますが、錯覚は怖いですね。

自分を投資の天才だと過信し、さらに投資に回せる資金が潤沢にあると、一瞬で資産はなくなります。日常生活で1億円を消費するのは大変ですが、投資で1億円を失う(浪費する)のは一瞬です。

特に「自分は仮想通貨(暗号資産)投資の目利きができる」と過信した人は、当時流行っていたICOに投資してしまったでしょう。塩漬け状態で動かせないだけなら、「いずれは現金化できるかもしれない」という淡い救いが多少ありますが、「そもそも悪意のある案件だった」という詐欺被害に遭ってしまった人も少なくありません。

億り人になったら静かに暮らそう

投資やすでにある資産で生活するようになると、目立つことや有名になることにメリットを感じなくなります。家族や友人と静かに暮らすことを望む人の方が多いですし、私の周囲もそういう人の方が多いです。

マイナビニュースさんなどのメディアに寄稿している関係で、記事を見た方から投資案件の勧誘を受けることも多くありますが、そんな人が周囲に寄ってきてしまう自分はまだまだだなと反省しますし、もっと成熟しないといけませんね。

タイトルとURLをコピーしました