2/3経営者セミナー『会社にお金を残す7つの方法』第6回開催

セミナー
この記事は約3分で読めます。

2021年2月3日、「『売上減少時代』でも会社にお金を残す7つの方法オンラインLive」第6回を開催いたしました。

セミナーでは、コロナ禍において重要性を増す「会社の資金繰り改善」について、さらにゲスト講師をお迎えし、「銀行との正しい付き合い方」についてのテーマでお話いただき、ご参加いただいた多くの方と共に大いに盛り上がりました。

協会ビジョン

日本の中小企業に「健康経営」を!

企業の血液であるキャッシュフローに
力強い流れをもたらし、

経営者を支援する!

主なトピック

1.資金繰り改善7つの手法

2.銀行との正しい付き合い方

1.資金繰り改善7つの手法

◉利益の上げ方を読み解く「〇〇図」とは!?
キーワード:利益、粗利益、売上高、固定費、変動費、可視化

◉【実例】効果のあった資金繰り改善(1)(2)(3)
キーワード:〇〇資金の徹底活用、“数億円”のキャッシュを獲得した〇〇システム

◉【注意!】削っていいコスト、いけないコストとは
キーワード:費用、実体験

2.銀行との正しい付き合い方

◉ 会社をもっと成長させたい
キーワード:設備投資資金・短期資金・銀行格付け

◉ 良い形で事業承継させたい
キーワード:資金調達

◉ M&Aをしたい
キーワード:財務状況

参加者の声

◉貴重な情報ありがとうございます。事業再構築補助金の準備をしたいです。(K・H様)                                                         

◉先の見えない状況でキャッシュフローをより意識しなければと思いました。(I・Y様)

登壇者プロフィール

ゲスト講師 亀井信吾氏

●経歴
生年月日:昭和62年5月26日 (33歳)
趣味:釣り、旅行、トレーニング
大学卒業後、医療機器会社に営業として入社
平成23年 損保ジャパンに入社
現在 財務コンサルタントとして活動

<ミッション> 

不安を安心に変えて お客様の未来を良くしたい

夢や、想いを聴かせていただき、ファイナンス(財務/金融)の専門知識で、お客様の幸せな未来・夢を伴走者として一緒に叶えていきます。

一般社団法人 経営セカンドオピニオン協会 代表理事 大坪 勇二(おおつぼゆうじ)

1964年 長崎県生まれ

九州大学卒

一般社団法人経営セカンドオピニオン協会    代表理事

社長専門ファイナンシャルアドバイザーファイナンシャルプランナー(CFP)

M&Aマッチングアドバイザー

生後4ヶ月で母子家庭に。母はミシン訪販。

奨学金とバイトの学生時代に

アジア→欧州→北米→南米と1年間にわたって放浪。

大企業新日鉄の経理マンに飽き、ソニー生命の歩合営業マンに転身するも

2年間ダメで貯金が底をつき、身重の妻と月11万円の住宅ローンを抱えて、

手取り月収が1,655円とドン底の時にやる気スイッチオン。

6ヶ月間の「大量行動」で富裕層とのパイプが開け法人超大型契約で手取り月収が1,850万円に。現役11年間で累計323億円の金融商品を一人で販売。

その後、

「社会の問題を、仕事のプロを育てることで解決する」

ミッションに出版社を設立。現在に至る。

福祉、会計コンサル、複数の社団法人オーナーでもある。

タイトルとURLをコピーしました