前代未聞の第一生命「19億円詐欺」89歳セールスレディの素顔(後編)

お役立ち記事
この記事は約4分で読めます。

〜19億円を集めた89歳セールスレディの意外な素顔とは〜

2020年10月に発覚した山口県周南市を舞台にした詐欺事件。その被害額の大きさから大々的に報道されました。被害額はなんと19億円。

しかも主犯のセールスレディMはなんと御歳89歳!?
なぜこのセールスレディは19億円ものお金を顧客から騙し取ることができたのか。

実は、彼女は地元では知らない者がいないほどの有名人で、しかも市長でさえも一目置くほどの地元に影響力を持つ有力者だった犯人M。

今回は、19億円を集めた詐欺事件犯人の女性の意外な素顔に迫ります。

WEBサイト「現代ビジネス」より抜粋します。

19億円詐欺事件の犯人、その意外な素顔とは

一方で、生活ぶりは、驚くほど質素でした。

自宅は第一生命のオフィスからほど近い築40年ほどの賃貸マンション。

オートロックもなく、家賃は7万円。
それとは別に、物置小屋として5万円の部屋を借りていました。

洋服は市内の老舗の洋品店で購入した派手な色合いのものを着用していた。しかし、貴金属は身に着けていなかった。

お抱えだったタクシーの運転手がこう語っています。

「高級なステーキハウスや割烹によく行っていましたが、単に接待で行き慣れているから、というだけでこだわりはなかった。時間がないときは、タクシーのなかでコンビニのおにぎりをパクついていたこともあります。」

「買い物の荷物を運ぶのでご自宅の部屋にお邪魔したこともありますが、ごく普通のお年寄りの部屋といった感じで、高級そうな雰囲気のものは全然なかった」

WEBサイト「現代ビジネス」より抜粋

これらの証言から浮かび上がるのは、実直で仕事熱心なビジネスウーマンの、質素な生活です。

とても顧客から19億円もの額をダマし取るほどの、カネへの執着は感じられません。

Mが顧客から集めたカネは、いったいどこに消えたのでしょうか?

19億円もの大金の行方は?

19億円はいったいどこに行ったのか?

ここから先は私の想像ですが、彼女の詐欺は「ポンジスキーム」と呼ばれるものだったのではないでしょうか。

「ポンジ・スキーム(英: Ponzi scheme)とは、詐欺の一種。「出資してもらった資金を運用し、その利益を出資者に(配当金などとして)還元する」などと謳っておきながら、実際には資金運用を行わず、後から参加する出資者から新たに集めたお金を、以前からの出資者に“配当金”などと偽って渡すことで、あたかも資金運用によって利益が生まれ、その利益を出資者に配当しているかのように装うもののこと。投資詐欺の一種に分類され、日本語で「自転車操業」と呼ぶような状態に陥り、最終的には破綻する。」

wikipediaより

つまり、新たに集めた被害者のお金は、10年間の間に、先に集めた被害者の配当に全て消えたのではないか、これが私の説です。

ポンジ・スキームは永遠にお金を集め続けないと破綻します。
そんなことは不可能なので必ずいつかは破綻する、それがポンジ・スキームです。

そしてついに、その時がきました。
それが冒頭に紹介したAさんに約束した500万円の配当金を支払えなかったのがそれでした。

結果として今回の露見・逮捕につながった。

これが私の仮説です。

さて、最後に、それではこういった詐欺話を見抜く方法はあるのでしょうか?

詐欺師を見抜くための嘘の見破り方

企業コンサルタントで自身も横領被害にあうという経験の持ち主であるパメラ・メイヤーさんは自著「しょっちゅうウソをつかれてしまうあなたへ 」の中で、
独自の「嘘を見抜く手法」を語っています。

彼女の「嘘にだまされない方法」を分かりやすくTEDのプレゼンテーションで解説しています

参考)TED:メラ・メイヤー「嘘の見抜き方」

動画では、こんな「嘘を見抜く手法」が紹介されています。

会話に現れるパターン

・否定するのに必死な人は、言葉遣いが形式的で固くなる
・人や事柄と距離を置くような言葉を使う
・「実を言うと」「正直な話」と切り出し、信ぴょう性を高めようとする
・質問にオウム返しで答える
・やけに詳細な話・具体的な話をする

表情・ボティランケージのシグナル

・ウソつきは相手の目を見ないどころか長めに見つめる
・笑っていても目じりにシワができていない
・口では肯定しながら、首を横に振る
・相手を騙す喜びから、かすかに笑う
・片方の口角の上がった非対称の表情(軽蔑)

態度・行動に出るパターン

・嘘つきは犯人探しに非協力的
・同じ話を逆順でするように仕向けるとぎこちなくなる
・妙に冷静、下を向く
・小声、低い声で話す
・言動とは逆の矛盾した行動を取る

「Plus1World」より抜粋

さて、あなたはこの事件を通して何を感じたでしょうか。

それでは!

この記事を書いた人
大坪 勇二

1964年 長崎県生まれ

九州大学卒
コンテンツプロデューサー
「稼ぐプロを作るプロ」

大企業新日鉄の経理マンに飽き、ソニー生命の歩合営業マンに転身するも2年間ダメで貯金が底をつき、身重の妻と月11万円の住宅ローンを抱えて、手取り月収が1,655円とドン底の時にやる気スイッチオン。
6ヶ月間の「大量行動」で富裕層とのパイプが開け法人超大型契約で手取り月収が1,850万円に。現役11年間で累計323億円の金融商品を一人で販売。
その後、「社会の問題を、仕事のプロを育てることで解決する」をモットーに出版社を設立。現在に至る。障がい者福祉事業、複数の社団法人オーナーでもある。

著書に『手取り1655円が1850万円になった営業マンが明かす月収1万倍仕事術』(ダイヤモンド社)『月収1850万円を稼いだ勉強法 ~伝説の営業マンはどう学び何を実践したのか~』(祥伝社)などがある。

お役立ち記事 経営
経営セカンドオピニオン協会
タイトルとURLをコピーしました