2021年のFIREブームとは何だったのか

お役立ち記事
この記事は約3分で読めます。

FIREは、「経済的自立」と「早期リタイア」を組み合わせた言葉です。パンデミック前後からアメリカで流行りはじめ、日本でも関連書籍が多く出版されるなどブームとなりました。株価や暗号資産等の高騰や不動産の賃貸収入により、実際にFIREを達成した人も少なくないでしょう。しかし現代は、「人生100年時代」とも言われる超長寿社会。FIREを目指す意味はあるのでしょうか。

改めて知りたいFIREとは

FIREとは、「経済的自立」を意味するFinancial Independenceと、「早期リタイア」を意味するRetire Earlyを組み合わせた造語です。読み方はファイアで、「F.I.R.E」と表記されることもあります。

自由を求める若年層や閉塞感を抱えている30代、40代を中心に、早期リタイアして経済的な自立を目指す新しい生き方として2020年頃からブームになっています。

FIREにおける基本ルールは、「25年分の生活費を用意して、それを年利4%で運用すること」です。例えば、生活コストが年間400万円であれば、1億円の資産を築いて年利4%で運用益を得れることで、理論上は資産を維持したまま暮らしていけることになります。年に300万円使うとすれば7,500万円の資産で済みます。4%という数字の根拠は、アメリカのS&P500の成長率7%から、アメリカのインフレ率3%を差し引いたものです。

FIREにも種類がある?

FIREブームの背景には、新型コロナウイルスの感染拡大による働き方の変化や価値の変化があったでしょう。「ライトなFIRE」「プチFIRE」「20代・30代から考えるFIRE」「50代・60代のFIRE」など、幅広い世代に向けたFIRE関連書籍やメディア記事、新たな言葉が量産されました。

ライトFIREとは、厚生年金を得ながら会社を辞めるパターンです。パート・アルバイトで厚生年金に加入し、ある程度の自由を確保しながら生活します。メリットには、一定程度の年収が見込めることや、老後資金がショートするリスクを軽減できることが挙げられます。

プチFIREとは、5年ほど早く会社を辞めて、老後前の自由を楽しむパターンです。5年分の生活費を60歳までに貯めておき、60歳で会社を辞めることにします。メリットは、年金や退職金ももらえるので老後を含めたマネープランの見通しが立てやすいことです。

60代でFIREとなると、それはただの早期退職ではないかと思いますが、人生100年時代ではFIREなのかもしれませんね。

仕事=趣味=生活の等式を

仕事への価値観や生活スタイルは人それぞれですから、正解はありません。自分なりの正解を出していくしかありません。

しかし、FIRE関連の情報を見ていて感じるのは「仕事への気持ちの薄さ」です。「仕事って、それほどまでに逃れたい対象なのだろうか…」と疑問に思います。

自分の過去を振り返ってみると、小学生の頃に経験した歌舞伎の世界、学生の頃に時間をともにした画家や小説家、映画監督、メディアアーティストなど、いずれも「定年制度」もなければ「リタイア」という概念もない人たちばかりでした。彼ら彼女らにとって、仕事と趣味と生活に境界はなく、すべてが結びつき同一になっています。

「画家は60歳で志し、70歳で自らの道を定め、80歳で事を成し、90歳過ぎたら化け物だ」

という言葉があります。この言葉を知ったのは十代の頃でしたから、「自分は、まだ生まれてもいないのだな」「何にでもなれるな」と感じたものでした。

人生100年時代といわれるようになり、70歳を超えても現役を続ける人たちが増えてきました。高齢になればもちろん、後進のことを考え、終わりを意識して備える必要はあります。ですが、FIREなんて考えずに日々平気に過ごす方が、人生をより豊かにするのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました