中島 宏明

お役立ち記事

海外視察や海外進出で嫌われないために

新型コロナも徐々に落ち着き、海外視察や海外進出を再検討し始める企業も増えていくかもしれません。海外で事業をしていると、たくさんの現地の方や現地在住の日本人の方にお世話になります。深いご縁になる方もいれば、一度お会いしたきりになる方も。また...
お役立ち記事

PDCAサイクルは死語なのか

「PDCAサイクル」という言葉は、ビジネスパーソンであればほとんどの人が耳にしたことがあるでしょう。PDCAサイクルとは、Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)をくり返すことで、事業や業務を継続的に改善し...
お役立ち記事

未来に走るより今を歩きたい

過去の栄光に縛られ、未来の憂鬱に捉われるよりも、目の前のことに集中した方が良い結果を得られるでしょう。未来予測は学者も専門家もメディアも好む話題ですが、経済の隙間に生きている私たちには大して関係のない話です。今ここに眼差しを向け、日々の積...
お役立ち記事

心配事は杞憂に終わるもの

会社経営をしていると、心配事の種は尽きないものです。会社経営に限らず、人生自体がそうなのかもしれません。「オーウェル思考」という言葉をご存知でしょうか。オーウェル思考は、日々忙しく働き、ストレスを溜めこみがちな経営者にとって、ある意味では...
お役立ち記事

就労支援の現場から生まれるイノベーションと英知が集まる日本障がい者就労支援学会シンポジウム

日本障がい者就労支援学会シンポジウムには、全国各地にある障がい者就労支援の現場から多くの事例、ノウハウが集まっています。イノベーションは、現場から生まれます。現場の声を集約することは、社会福祉業界全体にとっても極めて有意義な活動になってい...
お役立ち記事

ソーシャルワークシェアリングの概念と働き方、雇用スタイルを世界に広げよう

ソーシャルワークシェアリングは、新しく生み出された概念です。SDGs時代・SX(サステナビリティ・トランスフォーメーション)時代において、障がい者の雇用創出、雇用確保、雇用維持などの就労支援の面で欠かせない概念になっていくでしょう。本稿で...
お役立ち記事

走りながら考えよう

アフターコロナに限らず、どんな時代も通用する姿勢は「行動すること」「実体験に投資すること」「トライ&エラーを重ねられること」「成果にコミットすること」です。知識ばかりで行動できない人や行動の遅い人は、何の成果も残せず、人から見切られてしま...
お役立ち記事

クロスボーダーM&Aの可能性はもう絶たれたのか

海外進出を目指している日本の中小企業やスタートアップ企業は多いでしょう。しかし、新型コロナの影響で国を越えた移動に制限がかかっており、視察に行きたくても行けない状況が続いています。仮に視察できたとしても、多くの場合「その国をよく知らない」...
お役立ち記事

世代を超えた交流でビジネスを展開しよう

同年代の人ばかりと付き合っていると、次第に思考が凝り固まってきます。同じ職場、同じ同僚や部下、同じ取引先…気心が知れ、慣れた環境は居心地が良いですが、やがて成長は止まり、現状維持がモットーになってしまうかもしれません。世代を超えて交流する...
お役立ち記事

2045年に知るのでは遅いシンギュラリティとは

2013年、世界中に衝撃を与えたオズボーン論文。「人間が行う仕事の約半分が機械に奪われる」と予測したのは、イギリス・オックスフォード大学でAIなどの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授でした。「AI時代に生き残る職業はなにか? 」「A...
タイトルとURLをコピーしました