投資で失敗したときにメンタルを保つには

お役立ち記事
この記事は約3分で読めます。

「投資で失敗して立ち直れません…」というお話を伺うことがあります。確かに、大切な資産を失ったわけですからショックは大きいでしょう。しかし、どんな著名な投資家でも、天才と呼ばれる投資家でも「一度も失敗したことはない」なんて人はいません。投資の回数が増えれば、失敗の回数も増えるものです。徐々に成功確率を上げていきたいところですが、そう簡単ではないのが投資です。では、投資で失敗したときに、どのようにメンタルを保てば良いのでしょうか。

天才でも勝率3割あれば上々

投資で失敗したときに思い出したいのが、アスリートの世界で言えばイチロー選手のような天才でも「打率3割ほど」という事実です。生涯打率となれば、もっと低くなるかもしれません。天才なんて一握りの存在なわけですから、一般的にはさらに勝率が低くなって当然です。ですから、10の案件に投資して3つ成功すれば、それで十分「勝っている」と言えるのではないでしょうか。

事業投資の場合、起業して3年後の生存率は約50%、5年後の生存率は約40%と言われています。また、ベンチャー企業の20年後の生存率は0.3%という統計もあるようです。実際は、生存率はもっと低いかもしれません。それだけ「勝ち続けること」「生き残ること」は難しいということです。常に3割勝てているのであれば、十分天才ですね。ここで注意したいのは、3割勝てているからと言っても「自分は投資の天才だ」と錯覚しないことです。錯覚を起こすと、視界がぼやけて決断が鈍ります。

含み損であれば一喜一憂しないことが肝心

含み損の段階で「大損した」「失敗した」「もう終わった」と絶望してしまう人もいらっしゃいます。例えば、ビットコインなどの暗号資産(クリプト)は値動きが激しいわけですから、保有していれば日々含み益も含み損も抱えています。

最近は、再び過去最高値を更新するなど上昇傾向にある暗号資産(クリプト)ですが、いつ下降に転ずるかわかりません。また、上昇傾向にあると言っても、日々激しい値動きがあります。ですから、一喜一憂しない方が精神衛生上良いわけです。

「しょせん含み益」「しょせん含み損」と思えば、値動きを気にする必要もないでしょう。トレードで生計を立てているのであれば話は別ですが、投資はあくまでも余力資金(なくなってもしょうがないと思えるお金)で行うものですから、気にしないのが一番です。

私の場合、暗号資産(クリプト)の値動き等がわかるアプリケーションはスマートフォンに入れていません。SNSなどの友人の投稿で値動きを知ることの方が多く、「今ビットコインがいくらか」は実はあまり把握していません。もともと長期保有のスタンスで利確することもないわけですから、それくらいの意識の方が私にとっては心地良いです。

失敗体験を活かせるかは自分次第

「投資に失敗した…」といつまでも凹んでいても、失ったお金が戻ってくるわけではありません。反省は必要ですが、気持ちを切り替えて次に進んだ方が精神的にも良いでしょう。

体験に投資していれば、お金は後から取り戻せると私は思います。失敗経験を活かすか殺すかは自分次第です。

成功パターンを見出すのはなかなか難しいのですが、「失敗パターン」はあるように感じています。「この手の投資話は、大抵ダメになるな」とか、直感的にわかることもあります。直感でそう思った投資案件は、やはり短期間のうちに消滅しています。

そういう意味では、投資の成功確率は多少上がっているのかもしれません。とは言っても、「自分は投資案件の目利き力がある」と錯覚してはいけないとやはり思います。投資の世界でも、自戒は大切ですね。

タイトルとURLをコピーしました