【経営者限定】私が実体験語ります「渾身オンラインセミナー」

『売上減少時代』でも会社にお金を残す7つの方法

テレワークでの3つの働き方とは

お役立ち記事
この記事は約2分で読めます。

テレワークとは、「情報通信技術(ICT=Information and Communication Technology)を活用した時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方」のこと。

情報通信技術の発展にともない、できることが増えてきたことと、
働き方改革推進」により、政府が後押ししていること、
コロナウイルス 感染拡大防止による、新しい生活様式へ切り替えること
などから、テレワークが広がっています。

テレワークには、働く場所により、大きく3つに分けられます。

在宅勤務

在宅勤務は、所属する勤務先から離れて、自宅を就業場所とする働き方です。就業形態によって、雇用型テレワークと自営型テレワークがあります。

雇用型テレワークとは、事業者と雇用契約を結んだ労働者が自宅等で働くテレワークで、自営型テレワークとは、委託された業務を自宅などで働くテレワークのことです。
 
在宅は、毎日とは限らず、日本で在宅勤務制度を導入している企業の場合には、週1~2日の頻度で実施する場合が一般的です。

さらに、一日の一部を在宅勤務で行う、「部分在宅勤務(部分利用)」を導入している企業もあります。

モバイル勤務

モバイル勤務は、移動中の交通機関や顧客先、カフェ、ホテル、空港のラウンジなどを就業場所とする働き方です。

頻繁に外出する営業職などの場合には、隙間時間などにも効率的に業務を行うことができるようになります。

サテライトオフィス

専用型は自社や自社グループ専用で利用するサテライトオフィスです。営業活動中や出張の際に立ち寄って利用する、在宅勤務の代わりに自宅近くのサテライトオフィスで勤務する、などの働き方があります。

共用型は、社内専用ではなく、複数の企業や個人事業主が共用するオフィスです。シェアオフィスまたはコワーキングスペースとも呼ばれ、最近は企業がこれらの施設と契約して、従業員に利用させるケースも増えつつあります。

テレワーク導入事例

厚生労働省では、テレワークを導入している企業の先進的な事例を紹介しています。

テレワーク導入事例はこちら

テレワークといっても、いろいろな方法があります。
 
まずは、事例調査から始めてはいかがでしょうか。

この記事は、厚生労働省「テレワーク総合ポータルサイト」の記事を参考にまとめています。

タイトルとURLをコピーしました