テイカーとギバーとマッチャー。経営者が目指すのは?

お役立ち記事
この記事は約2分で読めます。

「あなたも今すぐギバーになろう」と勧める本やセミナーは、世の中に数多くあります。ギバーを日本語にすると“与える人”。これからの時代、ギバーは本当に生き残ることができるのでしょうか。“与える”とは、どういうことなのか。本稿で再定義します。

テイカーとマッチャーとは

「ギブ&テイク」

という言葉があるように、社会にはギバーとテイカーがいます。ギバーは「与える人」、テイカーは「得る人」という関係です。

ここでのテイカーは、「得る人」よりも「奪う人」というネガティブな表現の方が正しいでしょう。

ギバーとテイカーの中間にあたるのが、「マッチャー」という存在です。

マッチャーは、フェアな取引や関係を重視します。

「自分はこれだけ貢献した。だから、その対価はこれくらい支払われるべきだ」

という“べき”論者が多いのがマッチャーなのかもしれません。

テイカーほどではないですが、マッチャーもどちらかというとネガティブな言葉という印象があります。

これからの時代、テイカーは言うまでもなく没落するでしょう。一時的な利益やメリットを得ることができたとしても、あとでしっぺ返しがきます。

マッチャーは永遠に“そこそこ”。大成することはないでしょう。

すべてのギバーが成功できるわけではない

一方のギバーは、これからの時代でも信用を得て信頼関係を築き、無形資産から有形資産を築くことができるでしょう。

無形資産とは、信頼関係や知恵、リテラシー、スキルなど、数値化しにくい資産のこと。

一方の有形資産とは、株などの有価証券や不動産、現預金など、数値化できる資産のことです。他には、情報資産もあります。情報資産には、有益なものと不利益なものがあります。

ギバーは、無形資産を周囲の人たちに与え、無形資産を高めながら有形資産も築いていきます。

しかし、そんなギバーにも2種類います。それは、破滅するギバーと生き残るギバーです。

破滅するギバーとは、ただただ与えるだけの人。

全体を見ず、目の前の人に与え続けるだけでは、いつか自分が枯渇します。時間も体力も有限ですからね。一見すると良い人なのですが、「ただの良い人で終わっちゃう」というパターンです。

生き残るギバーとは、パイを増やして人に与え、自分も得る人です。俯瞰して全体を見て、奪い合うのではなく与える。ただ与えるのではなく、絶対数を増やす。競争ではなく、協業や共栄、共創を重視する。そんな風に、マーケットを創れる人が、どんな時代も生き残ることができるギバーです。

タイトルとURLをコピーしました