《最大350万円》第三者事業承継の後継者育成 令和2年度第3次補正予算「事業承継・引継ぎ補助事業(事業承継トライアル)」

公的支援情報
この記事は約3分で読めます。

事業承継・引継ぎ補助事業(事業承継トライアル)とは

「事業承継・引継ぎ補助事業(事業承継トライアル)」は、後継者不在の中小企業が社外の第三者を後継候補者として事業承継に向けた準備を行う際の手順、課題、対応策等を明らかにし、その結果として得られる事業承継に向けた準備の「型」、特に後継者教育の「型」を共有知として蓄積しようとするものです。

支援対象の企業とは

  • 親族や企業の役員・従業員等、身近に後継者となりうる者がいない
  • 事業売却の意思がなく、後継者を外部から招聘することで、事業を継続させたい
  • 外部機関からの支援を受ける等、事業を引き継ぐための計画を始めている

公募期間と実施スケジュール

【第3次】2021年10月18日(月)~11月22日(月) ※17時まで必着

審査・選定:2021年11月24日(水)〜2021年12月24日(金)

補助金の交付決定:2021 年 12 月末頃

事業実施期間:交付決定通知日〜2022年1月 31 日(月)

補助金額

補助上限額:350万円以内

補助率:2/3以内

補助対象経費:謝金、旅費、外注費、外部研修・受験費、会議費、資料購入費

補助事業実施期間:交付決定日~2022 年 1 月 31 日

事業概要

(1)-(3)については、その全てに 取り組む必要はございません。

(1)事業承継計画の策定等
円滑な第三者承継の実現に向け、外部機関(取引先の金融機関等)と連携しながら、事業承継計画の策定や改善を行います。

(2)  後継者候補の選定
策定した事業承継計画に基づき、外部機関(人材ビジネス事業者等)と連携しながら、社外の第三者である後継者候補を選定します。 

(3)  後継者教育の実施
後継者候補とのマッチング後、後継候補者に対して、後継者教育を行います。
また事業年度内に、執行管理団体が提供する後継者教育プログラムを受講します。

(4)  PwCコンサルティング合同会社(以下「執行管理団体」という。)に対する報告・情報共有の実施
事業承継計画の策定状況及び後継者教育の進捗状況のほか、策定した事業承継計画の内容及び後継候補者に係る情報等を執行管理団体に対して定期的に報告・情報提供を行います。

補助内容

事業承継計画の策定支援を受ける際の経費補助

・後継者候補受入に向け、事業承継にかかる専門家等からの各種支援(財務・経営分析、事業承継にかかる関係者整理、事業承継にかかる経営資源・リスクの棚卸、株式承継・資本政策、納税資金計画等を包含する事業承継計画の策定)を受ける際に要した費用に対して、補助金を支給する

後継者マッチングに伴う手数料等にかかる経費補助

・後継者が常勤雇用で成約した場合、人材紹介会社等に対して支払いが発生する手数料等に対して、補助金を支給する

・但し、執行管理団体が提供する後継者教育を後継者が受講することを前提とし、受講完了後に支給する

後継者候補への後継者教育にかかる経費補助

・第三者承継に向けて、迎え入れた後継者候補に対する後継者教育にかかる費用(専門資格の取得費用や外部セミナーの受講費用)に対して、補助金を支給する

・但し、執行管理団体か提供する後継者教育を後継者候補とともに受講することを前提とし、受講完了後に支給する。

募集サイト

公募 | 事業承継・引継ぎ補助事業(事業承継トライアル)
事業承継・引継ぎ補助金(事業承継トライアル)について、次の通り、間接補助事業者を募集します。応募を希望する中小企業・小規模事業者等は、下記に沿って、応募してください。
中小企業庁:令和2年度第3次補正予算「事業承継・引継ぎ補助事業(事業承継トライアル)」
令和2年度第3次補正予算「事業承継・引継ぎ補助事業(事業承継トライアル)」
タイトルとURLをコピーしました