保険営業パーソンの「ブラックな労働環境」解決に向けて

期間限定・無料動画セミナーはこちら

【11/2公募開始】専門家派遣費用は中小機構負担 ベンチャー・中小企業の成長加速化を支援するアクセラレーション事業「FASTAR」

公的支援情報
この記事は約2分で読めます。

独立行政法人中小企業基盤整備機構(略称:中小機構) は、ベンチャー・中小企業の成長加速化を支援するアクセラレーション事業「FASTAR」の 2020 年度支援先企業の二次公募を、11 月 2 日(月曜)より開始します。

■6 ヶ月または 1 年間継続して、専門家が事業成長の加速化を支援

「FASTAR」は IPO や M&A 等を視野に、ユニコーン企業や地域中核企業を目指すベンチャー・中小企 業に対し、資金調達や事業提携に向けて、成長の加速化を支援する事業です。専門家の派遣費用は全額中小機構が負担し、6 ヶ月または 1 年間継続して支援を行います。

《支援方法》 ・中小機構の専門家が各企業に担当として1名つき、自らのコンサルテーションをベースとし、その他の支援ツールをコーディネートしながら、事業計画のブラッシュアップをサポート。
・VC や大企業へのピッチ機会の提供や個別のマッチング等で、資金調達や事業提携の機会を創出。

《過去実績》
これまでに 2019 年の 7 月と 11 月、2020 年の 7 月に公募を行い、AI、バイオテクノロジー、医療・ヘル スケア、メカ・ロボティクス分野等で成長を目指す 38 社を採択しました。既に第1期・第 2 期参加企業で は、資金調達等の実績も出ているところです。

詳しくは、
中小機構ニュースリリース
アクセラレーション事業「FASTAR」サイト

タイトルとURLをコピーしました